ウェブサイトの最適化と保護

ウェブサイトの検索エンジン最適化

ベリサインの小規模事業に関する調査によれば、米国の消費者の91%がインターネットで製品やサービスを検索しています。インターネットが成長を続ける中で、潜在顧客は貴社の製品やサービスを探した時に「見つけ出す」ことがますます難しくなっています。このため、貴社のウェブサイトについて検索エンジンの最適化を行うことが重要なのです。検索エンジン最適化(SEO)の基本的なヒントを次に示します。

SEOのヒントを利用したウェブサイトの最適化

検索エンジンが貴社ウェブサイトを見つけクロールできるようにする

検索エンジンは、「スパイダー」と呼ばれるツールと使って、インターネット中のリンクを継続的にクロールし、ウェブコンテンツを見つけて、その巨大なデータベースに持ち帰ります。ウェブサイト最適化の第一歩は、ウェブサイトがそうしたスパイダーを快く受け入れ、サイトの奥深くまでスパイダーを導くようにすることです。これを行うには、いくつかの基本的な方法があります。

  • フラッシュや無限のスクロール、画像内に埋め込んだコンテンツなど、スパイダーが苦手とするテクノロジーを使わないようにします。これらの要素は、検索エンジンにとってインデックス化が難しいのです。
  • すべてのコンテンツを検索エンジンに示すサイトマップを設けて、これを最新の状態に保ちます。
  • 他の関連ページに導くリンクをサイトのコンテンツ内に作成します。
  • サイトをGoogleウェブマスターツールで登録します。

キーワードに基づいてウェブサイトをデザインする

ウェブサイトのコンテンツを書く前に、キーワードについてリサーチし、計画を立てておくことが重要です。キーワードは、検索エンジンに入力する言葉です。検索エンジンは、検索者が探しているものに最もよく一致するものを探索するため、人が利用するキーワードを多くコンテンツに含めるようにします。顧客の言葉で話すことが重要であるため、顧客の立場になって何を探そうとするかを想像します。一般的に、次のルールに従うことをお勧めします。

  • 専門用語や略語は避ける。
  • 同じキーワードについて、動詞や類似する言葉など様々なバリエーションを使用する。これは、検索エンジンがこれらを全く関連性のない言葉として認識するため(例:ペットシッティング、ペットシッター、ペットホテルなど)。
  • キーワード検索ツールを使用して、キーワードが使用される頻度を調べ(多ければ多いほど良い)、検討していなかったキーワードを見つける。Google AdWordsWordTrackerなど、オンラインのサードパーティ製の無料ツールを利用するとよい。
  • ページ名、H1タイトル(ページの最上部に表示されるページタイトルのコードやメタデータ(顧客には表示されないページ上のテキスト)にキーワードを盛り込む。
  • 読者にとってこじつけではなく、自然に感じられるような方法で、コンテンツ全体にキーワードを散りばめる。

定期的にコンテンツを更新する

検索エンジンは、新しいコンテンツをより関連性があると認識します。コンテンツが古くなると、検索エンジンが評価しなくなり、ランキングには役立たなくなってきます。コンテンツ更新や顧客の関心を呼ぶ新しいコンテンツを追加するスケジュールを立てます。更新頻度が高ければ、検索エンジンがサイトを訪問する頻度も高くなり、ランキングにもプラスの効果がもたらされます。

ウェブサイトアドレスを共有して認知度を上げる

検索エンジンは、他のサイトから貴社サイトへのリンクを、貴社への「投票」の様に認識し、高く評価します。これらのリンクは、直接のトラフィックにとっても価値があります。正規のウェブサイトからリンクを獲得する機会を探しましょう。リンクを購入しようとしたり、短期間で多数のリンクが得られると約束をする人の口車に乗ってはいけません。質の低いリンクは、検索エンジンを欺く試みとして認識されます。

  • ソーシャルメディアサイトを利用している場合は、これらのサイトから貴社ウェブサイトにリンクを貼るようにします。頻繁にツイートする、ブログに投稿するなど、オーディエンスを不快にさせないやり方でサイトを宣伝する。
  • 名刺、広告、レターヘッド、請求書にドメイン名を記載する。
  • 小規模事業者の団体、地元のディレクトリ、その事業分野で有名なディレクトリなど、信頼できるリソースに貴社の事業を掲載する。

最後に、ウェブサイトの検索エンジン最適化は、短距離走ではなく、むしろマラソンによく似ていることを念頭に置いておきましょう。SEOは、継続的なプロジェクトとして行うべきです。検索エンジンは一定ではなく、そのアルゴリズムは頻繁に変更されるため、トレンドの追跡に縛られすぎないように注意しましょう。それよりも、検索エンジンとは関係なく、顧客に快適な体験をもたらすサイトの構築に力を注ぐべきです。上記のシンプルなガイドラインに従えば、ランキングは自然についてくるはずです。

WordtrackerおよびAdwordsは、それぞれWordtracker LLPおよびGoogle, Incの商標です。

Verisign. 5 Reasons Every Small Business Needs a Website