オンライン化の方法

ウェブサイトまたはソーシャルネットワークをご利用ですか?

登録したドメイン名を利用してビジネスのインターネットプレゼンスを構築するには、いくつかの方法があります。このうち、1)ドメイン名をソーシャルメディアのビジネスページにリダイレクトまたは転送してビジネス用ウェブサイトの一時的な代用として使用する、2)ビジネス用ウェブサイトを構築して立ち上げる、の2つがよく使われています。

それぞれの方法についてご説明します。

ソーシャルメディア

ドメイン名を登録してウェブアドレスを作成して、それをソーシャルメディアページにリダイレクトさせることは、簡単に導入でき、すぐにメリットを感じられる方法の一つです。この方法(ドメイン転送)では、インターネットプレゼンスのプロモーションを行う場合に、「Facebookで当社をフォローしてください」と言うよりも、ビジネス用にブランド化されたウェブアドレスで信頼性と安心感を与えることができます。

ソーシャルメディアをインターネットプレゼンスとして使用する 場合、Facebook、Google+、LinkedIn、Pinterest、Instagram、YouTubeなど、活用できるマルチメディアプラットフォームが多数存在します。

メリット:

  • 簡単でしかも無料 – プロファイルをすぐに設定でき、ほとんどのプラットフォームが無料で利用可能。
  • 手軽に始められる – すぐにページを削除して、いつでも別のプロバイダーに乗り換えられる。
ビジネスソーシャルメディア戦略を決める

カスタムドメイン名からFacebookの商用ページに転送されるしくみになっていたら、そのページの訪問回数が増えると思うと回答した顧客は60%に達しています。1

  • エンゲージメント – 10億人以上にアクセスできるため、コミュニケーションや関係構築が容易。
  • li_4

デメリット:

  • コントロール/オーナーシップの欠如 – ソーシャルメディアプロバイダーの利用規約や取引条件には、表示できるコンテンツやプロモーションの内容が規定されている。インターネットプレゼンスがそのソーシャルサイトにしかなく、そのプロバイダーがサイトを閉鎖した場合、どう対処するかを考えておく必要がある。
  • 独創性が制限される – ソーシャルサイトは限られたレイアウトしか提供していない。
  • オープンフォーラム – こうしたサイトは、消費者がフィードバックや苦情を書き込めるオープンフォーラムを設けているため、サイトを注意深く監視する必要がある。
  • レポート/ツールが限定されている ― 利用可能なレポートや機能のレベルがウェブサイトよりも低い場合が多い。

1つか2つのプラットフォームで開始して、ターゲットオーディエンスに到達するようにした方がよいでしょう。混乱を避けるために、活用する予定のすべてのサイト/プラットフォームのアカウントを取っておくか、またはブランド化されたプロフィールを取得しておいてください。複数のソーシャルメディアサイトを使用する場合は、すべてのソーシャルメディアアカウントを一括で更新できるHootSuiteのような管理ツールを試してみてください。

ウェブサイト

スモールビジネスの68パーセント1は、ウェブサイトは、他のオンラインマーケティングツールと比べて、認知度を高め顧客との関係を構築する最も効果的なオンラインマーケティングツールであると述べています。

ビジネス用のウェブサイトを作成する場合には有料および無料の選択肢が数多く存在するため、高品質のウェブサイトを構築し、製品やサービスを紹介し、自身がコントロールする形でブランドを確立することが極めて簡単になりました。

メリット:

  • コスト効率が良い ― 幅広い選択肢がある。無料のウェブサイトが出発点として適している場合があります。技術に詳しくないユーザーでも簡単に使用できるテンプレートが用意されています。
ビジネス用ウェブサイトをつくる
  • 信頼性 ― 米国の消費者の84%は、ソーシャルメディアのページよりもウェブサイトの方が信頼できると答えている。1
  • 完全なコントロール/所有権 ― 一から構築するのではなく、テンプレート付きのウェブサイト構築ツールの利用を決めたとしても、そうしたツールには多くのカスタマイズ機能が備わっているため、ウェブサイトのパーソナライズが簡単にできる。2
  • ブランド化の向上とプロモーションの柔軟性 ― ウェブサイトは、マーケティングの場を拡大させるだけでなく、動画、顧客のレビュー、ブログ、特別プロモーションの提供など、様々なマーケティング手法を可能にする。
  • li_13
  • 24時間/年中無休の可用性 ― 企業は世界中どこからでも、24時間/年中無休でビジネスのプロモーションを行うことができる。

デメリット:

  • メンテナンス ― サイトの規模によっては、コンテンツを最新に維持するために相当の時間と労力が必要。
  • 複雑さが増す ― 高度なデザインや機能を持つサイトには、より多くの時間と資金を投じる必要がある。

当社のチェックリストをダウンロードして、ウェブサイト構築手順の確認にお役立てください。

1 2015年ベリサインの調査
2 TechCrunch -With Over 15M Sites Built, Weebly Launches New Planner And Mobile Editor, Brings Website Creation Service To Android(サービス利用サイトが1500万件を超えたWeebly、新たなプランナーとモバイルエディターを発表、Androidにウェブサイト構築サービスを提供)、2016年10月19日アクセス時点