オンライン化の方法

オンライン化についてのよくある懸念

小規模事業者やビジネスを立ち上げたばかりの人にとっては、やるべきことのリストにもう1つのアイテムを追加することは難しいように思えるかもしれません。しかし、オンライン化は今すぐに行うべきであり、現代のビジネスが成功を収めるためにはオンライン化が不可欠であることは共通の認識です。物事一般に言えることですが、一歩ずつ進めていけば扱いやすくなります。

小規模事業者がオンラインプレゼンスを設定する際に主に懸念することについて、いくつか検討してみましょう。

オンライン化をする理由を探す事業者

「時間がない」

米国の小規模事業者の大半が1人から4人未満の従業員で運営されています。従業員が少ないということは、時間の使い方や使う場所に優先順位をつけることについて、事業者に大きなプレッシャーがかかります。多忙なため、日常業務のように緊急ではないと思えるプロジェクトを遅らせたくなる誘惑に駆られます。しかし、ビジネスのウェブサイトまたはオンラインプレゼンスの構築は1時間程度で行うことができます。ドメイン名の選択や購入、ウェブサイトの設定、およびホスティング会社の選択が迅速かつ簡単に行えるオンラインリソースがいくつかあります。

現場で働く建築業者

「わたしの製品やサービスはオンライン販売には提供できない」

複数のアンケートや当社最新のベリサイン小規模事業アンケートによると、消費者の大多数が地元の製品やサービスをオンラインで検索していることが分かったと答えています。また消費者は、ウェブサイトやブランド化されたメールを持つプロフェッショナルなオンラインプレゼンスのビジネスに、より高い信頼性と安心感を持っています。今日、多くの人々がメール、テキストメッセージ、またはインスタントメッセージで連絡することを選んでいます。お客様は、電話番号や住所を知るためにウェブサイトを探したり、ソーシャルネットワークページを見つけてコメントを残したり、予約をしたりできる便利さを求めています。これらすべての新しい通信方法は、ドメイン名やブランド化されたメールを通じて、オンラインプレゼンスを持つビジネスによって強化されます。したがって、オンライン化を希望しない場合でも、お客様はビジネスのオンライン化を望んでいます。

ビジネスをオンライン化することは、利益をもたらし、お客様をサポートし、将来に向けたビジネスの準備をする第一歩です。

テクノロジーに詳しくない事業者のオンライン化

「技術のことはわからない」

時間の問題のように、メールのブランド化やソーシャルメディアページへの転送、またはビジネスウェブサイトを作成するためにドメイン名を使用する技術的必要条件は、恐らくあなたが想像しているよりも低いものです。多くのレジストラ(ドメイン名を登録する会社)や、そのプロセスを簡単かつ迅速に安価で行う、サイトを設計するウェブサイトホスティング会社があります。ウェブサイトを設定するには、コンピュータープログラミングを知っていたり、「技術者」である必要はありません。

オンライン化に消極的な事業者

「オンライン化していなくてもうまくやっています」

成功を収めている地域ビジネスを展開し、現在、オンライン化を行っていない場合、「オンラインでなくても大丈夫」と考えてオンライン化へのプレッシャーに抵抗しているかもしれません。しかし、気付いていないだけで、見逃しているビジネスやお客様に提供できたかもしれない利便性があるかもしれません。ビジネスが、お客様が望む方法や自然な情報の集め方で交流する準備ができているかを確認する必要があります。多くの人がインターネットを使用して地域のビジネスを探しています。かれらはGoogleやBingのような検索エンジンを使って、YelpやAngie's Listのようなレビューサイトで検索したり、ソーシャルネットワークを通じてアドバイスを求めています。小規模事業のメディア状況を分析しているBIA/Kelseyは、消費者が地域の商品やサービスをどのように探しているかに関して、説得力のある数字を報告しています。

  • 消費者の97%がインターネットを使用して、彼らの地域の商品やサービスを調査しています
  • 90%が検索エンジンを使用しています
  • 48%がインターネットディレクトリを使用しています
  • 42%が比較ショッピングサイトを使用しています

ビジネスをオンライン化することは、利益をもたらし、お客様をサポートし、将来に向けたビジネスの準備をする第一歩です。