オンライン化の方法

貴社ドメイン名をソーシャルメディアやeコマースサイトへリダイレクトする方法

ドメイン名転送

ベリサインが2015年に実施したオンライン調査によると、オンラインのプレゼンスとしてソーシャルメディアのみを使用しているスモールビジネスでは、ソーシャルメディアページにドメイン名を連携させることによってウェブトラフィックが増加する可能性があります。実際、消費者の60%は、カスタムドメイン名からFacebookのビジネスページに転送されるしくみになっていたとしたら、そのFacebookページの訪問回数が増えると思うと回答しています。

ウェブサイトをお持ちではありませんか?問題ありません。ただし、ドメイン名は重要です。なぜならば、オンラインプレゼンスをどのように構築するかに関係なく、ドメイン名によって、オンラインアドレスを主張できるからです。ドメイン名は、多くのソーシャルメディアサイトやアウトソース型Eコマースサイトとは異なり、ビジネスとともに成長します。ご承知のとおり、ソーシャルメディアは移り変わりが激しいものです。ドメイン名を確保しておけば、形式が変わっても顧客を失うことがありません。

ウェブ転送(またはリダイレクト)はメール転送と同じです。ドメインに訪問した人すべてを特定のウェブページに転送するルールを作成します。このルールはいつでも変更できます。

ドメイン名を使用すれば、簡単にソーシャルメディアやEコマースページに転送することができます。この方法には、ドメイン名の信頼性と拡張性だけでなく、次のようなメリットがあります。

  • どのソーシャルネットワークを使用しているかに関係なく(彼らの利用規約に制限されずに)、変わらないウェブアドレスを入手できます。
  • マーケティングに利用できる、覚えやすく変わらないビジネス用アドレスも手に入ります。つまり、ソーシャルメディアのブランドに頼るのではなく、独自のブランドを構築することが重要です。

ここでは、ドメイン名をソーシャルメディアまたはEコマースページにリダイレクトする方法を段階的に説明します(レジストラによって少し異なりますが、ほぼ同じだと考えても構いません)。

  • アカウント(ドメイン名の登録先)にログインします。
  • ドメイン」をクリックして「管理」をクリックします。
  • リダイレクトするドメイン名をクリックします。
  • ドメイン転送」または「転送」セクションを探します。
  • 新規追加」をクリックします
  • 転送先」または「送信先URL」フィールドに、ドメイン名のリダイレクト先となるソーシャルメディアページまたはオンラインディレクトリのページのURLを入力します。(「http://www.」「https://www.」は除きます)
  • 転送設定オプションがある場合、次のいずれかを選択します。
    • 転送のみ:ドメイン名URLがウェブブラウザのアドレスバーに表示されないようにします。ただし、オーガニック検索で順位を上げようとする場合には、最善の方法とは言えません。
    • マスキングで転送:転送されたドメイン名URLがブラウザのアドレスバーに表示されないようにします。また、検索エンジンクローラー用のメタタグを入力できます。

転送オプションを使用した場合のドメイン表示例

転送オプション 訪問者の入力 訪問者に表示されるサイト アドレスバーの表示
転送のみ example.com. facebook.com/myexample facebook.com/myexample
マスキングで転送 example.com. facebook.com/myexample example.com.
  • DNS設定を更新してこの変更を有効にする」のチェックをオンにしておきます。
  • 保存」をクリックします。

注意:変更が有効になるまで数時間かかる場合があります。