ウェブプレゼンスの強化と向上

オンラインコンテンツマーケティングのヒント

インターネットで小規模事業を展開している場合、ウェブサイトを構築して、ソーシャルメディアを活用しています。インターネットでどのように事業を展開するか、オンラインプレゼンスをどのように機能させるかという問題から離れて、ブランドやマーケティングメッセージを潜在顧客と既存顧客に発信するコンテンツを作成・配信することにより、事業を拡大することを検討します。コンテンツマーケティングは、ブランド、製品、サービスに顧客を取り込むコンテンツを使用しています。この手法は、効率的でしかも顧客とのエンゲージメントを高める可能性もあるため、多くの事業者が標準的なマーケティングプラクティスとして広く利用しています。

最も効果的なタイプのコンテンツには、次のようなものがあります。

Using newsletters in content marketing

ニュースレター

Using videos in content marketing

ビデオ

Using social media posts in content marketing

ソーシャルメディアへの投稿

Using articles and blogs in content marketing

記事やブログ

効果的なコンテンツマーケティングを考える場合、コンテンツの形式のほかにも検討すべきことがあります。コンテンツの計画、開発、実装の際には、次のようなヒントを考慮します。

Juggling different content marketing types

コンテンツに明確な目標を持たせる

事業の認知度を向上させることですか?見込み客を獲得することですか?顧客のロイヤリティを高めることですか?あらかじめコンテンツから何を獲得するかを決めておきます。

専門知識と価値を考慮する

貴社が専門知識を持っている事業のトピックから逸脱しないようにすることも大切ですが、どのような面で事業の認知度を高めたいか、どのようなスペシャリティを売り込みたいかも考慮します。たとえば、新しいブランチのメニューを導入したレストランであれば、お気に入りのブランチレシピを作成して共有するのもいいでしょう。

オーディエンスを考慮する

コンテンツマーケティングのポイントは、オーディエンスにコンテンツを消費してもらうことです。しかし、顧客にとってコンテンツが価値のないものだったとしたら、見向きもされないでしょう。ウェブサイトの訪問者やソーシャルメディアのフォロワーはどのような層なのか、彼らは何に関連性を見出しているかについて考えます。顧客をコンテンツに取り込むだけではなく、友人や家族とインターネットで共有してもらえるようなものを提供できますか?オーディエンスを理解するように努力し、貴社のサイトとソーシャルチャネルの両方で提供するコンテンツに、その理解を組み込みます。

様々なコンテンツ開発オプションのコストと利点を比較検討します。

ブログの執筆や写真の撮影に関しては、自分自身で行う方がよいかもしれません。しかし、ビデオや膨大なグラフィック制作を含むコンテンツの場合、手間のかかる作業については、専門家による手頃な価格の制作サービスへの外部委託を検討してもいいでしょう。外部委託する場合は、クリエイティブな開発に必ず貴社が関与するようにしましょう。

検索ランキングで上位になるようにオンラインコンテンツを最適化する

オンラインコンテンツは検索エンジン最適化(SEO)にアクセスしやすくする必要があることを念頭に置きます。たとえば、検索エンジンは静的グラフィックをクロールすることはできません。検索エンジンのクローラーがアクセスも理解もしやすいデザインテクニックを利用することを検討します。

頻繁に測定する

事業のあらゆる側面について言えることですが、トレンドを認識し、機会を捉え、投資収益率を実証するにはメトリクスが重要です。これは、コンテンツでも同じことです。新しいコンテンツを開発する際に、どのコンテンツのトピックや形式が最も効果的かを知っておくことは役に立ちます。

インターネットで事業を立ち上げたら、コンテンツが伝えようとしている内容やその対象を考えるのは当然のことです。購入者は、豊富な情報にアクセスできるため、貴社や他社の事業についての下調べについては確実に賢くなっていきます。オンラインコンテンツは、インターネットで事業サイトを訪問・フォローする潜在顧客とのエンゲージメントを高め、コンバージョン(成約)に結び付ける最初で最良の機会です。効果をあげるように取り組みましょう。