チャネルリソース

ドメイン名レジストラになる

高信頼性と規模の大きさを誇るベリサインのドメインにより、顧客に完全なWebサービスパッケージを提供できます。

レジストラになると、安定した更新可能な収益源を確立でき、顧客に完全なウェブサービスパッケージを提供できます。これらのTLDでドメイン名を登録するには、ベリサインのドメイン名レジストラになっていただく必要があります。

レジストラになる方法

.comや.netなど、ベリサインが運営するトップレベルドメイン(TLD)でドメイン名を登録するには、ドメイン名レジストラになっていただく必要があります。

ベリサインではさまざまなTLDを運営しており、それぞれ要件やプロセスが異なります。ほとんどの企業が、.comや.netの認定を受けることから始め、その後さらにTLDを追加しています。

.com、 .net、 .name、 .tv、 .cc レジストラ ベリサインのIDN国際化ドメイン名 TLDレジストラ 新しいgTLD BERSバックエンドレジストリサービス レジストラ

レジストラになる

開始はこちら 開始はこちら 開始はこちら

ICANN認定

必須(.com、 .net、 .name)不要(.tv、.cc) 必須(2013 RAA) 必須(2013 RAA)

Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)は、ドメインネームシステム(DNS)を管理する非営利の公益法人です。企業は、ICANNから認定を受けてから、ベリサインのレジストラになるためのオンボードプロセスを開始する必要があります。ICANNの新gTLDプログラムによるgTLDの提供を希望するレジストラは、ICANNとの間で2013年版レジストラ認定契約(「RAA」)を締結し、その他のICANNの要件を満たす必要があります。ベリサインは、ICANNの認定プロセスの所要期間について一切関知しておりません。ccTLDs国別コードトップレベルドメイン(.tv、.ccなど)は、ICANN の認定が不要です。



VerisignによらないgTLD認証

必須

ベリサインは、多数のgTLDsBANK、BROKER、CAREER、CFD、FOREX、JOBS、MARKETS、OOO、SPREADBETTING、TRADINGについて、バックエンドレジストリサービスを実施しています。これらのgTLDのレジストラになるためには、レジストラのレジストリ-レジストラ契約(「RRA」)をレジストリオペレーターと締結してから、ベリサインとオンボードプロセスを開始する必要があります。

認証

必須 条件付き 条件付き

アカウントの設定に先立ち、ベリサインは各企業の認証を要求します。認証とは、貴社の事業証明および貴社を代表し行動する権限がある方の証明を提出していただくことを意味します。貴社がICANNから認定を受けると(ベリサインが運用していないgTLDの場合は、ベリサインがTLDレジストリオペレーターからTLDのオンボードプロセス開始の連絡を受けると)、認証に必要な書類のご提出いただくために、ベリサインのベンダーから貴社に連絡させていただきます。.tvおよび.ccについては、貴社がアカウント情報を提出された時点で認証が開始されます。以前にTLD用にベリサインの認証を受けている場合、別のTLDを追加するための認証は必要ありません。

アカウントを設定する(契約書およびデータフォーム)

必須 必須 必須

TLDによって必要な契約やフォームは異なります。必要なフォームに記入し、ベリサインにご返送ください。承認されると、ベリサインから運用試験・評価(OT&E)環境用のユーザー名とパスワードが送付されます。

財務要件(クレジット口座および支払保証)

必須 必須 必須

レジストラは、予想される毎月の登録数に基づく支払保証を設定していただきます。既存のレジストラは、別のTLDを追加する場合、既存の支払保証を利用することができます。毎月の取引量の大幅な増加が予想される場合、またはプレミアムTLDの提供を計画している場合は、貴社の支払保証の金額を再計算し、それに基づいて調整する必要があります。

技術的準備(EPP統合および試験)

必須 条件付き 条件付き

レジストラは、ベリサインの共有登録システム(SRS)に接続する前に、運用試験と評価を行い、クライアントシステムの運用が完全で正しいことを実証する必要があります。レジストラソフトウェアおよびシステム要件は、各社の実績、ビジネスモデルおよび登録件数によって異なります。ベリサインは、レジストラを支援するために、ソフトウェア開発キット(SDK)と実装ガイドをご用意しています。当社のグローバルサポートデスクは、150ヶ国語で24時間年中無休で対応いたします。

国際化ドメイン名

オプション オプション 条件付き

インターネットユーザーが自国語でインターネットのナビゲーションや通信を行えるようにすることで、インターネットを真に国際的な多言語ツールに変えます。IDNをTLDドメイン名オプションに追加することで、レジストラはサービスを拡張し、収益が増加する可能性を高めることができます。すべてのgTLDがIDNを提供するわけではありません。

ベリサインが提供するドメイン名の特徴と利点をご覧ください。

国際化ドメイン名(IDN)

世界経済のグローバル化が進む中で、ベリサインは、IDNを導入することにより、英語以外の言語を話す国や地域の企業や個人がインターネットを自国語で利用できるようにしていきます。

IDNレジストラになる

レジストラにならずにドメイン名を提供する

ベリサインは、認定済みレジストラにはならないが、ドメイン名登録の提供に関心のある企業を対象として、紹介プロセスをご用意しています。ドメイン名リセラになるには、この申込フォームにご記入ください。

ドメイン名登録の仕組み

ドメイン名は、1年から10年間、個人または組織により登録されます。ユーザーは、レジストラまたはリセラに連絡して、ドメイン名を登録します。レジストラは、そのドメイン名が利用可能かどうかを対応するTLDを管理するレジストリと確認します。利用可能な場合、レジストラはそのレジストリにドメイン名を登録します。このレジストリは、ドメインレジストリデータベースにこのドメイン名を追加します。登録期間の終了時に、このドメイン名のレジストラは、レジストラントに代わって、ドメイン名を更新することを選択できます。また、いつでもドメイン名を削除することができます。

レジストラの検索

卓越した信頼性と規模

ベリサインは、企業が対象顧客のためにドメイン名を簡単に代行登録できるようにします。ベリサインは、20年以上にわたり、.comおよび.netのベリサインDNSを100%中断なく、正確かつ安定的に維持してきた信頼できるレジストリオペレーターです。複数のTLD.com、.net、.name、.tv、.cc、.コムを運営するレジストリオペレーターとして、ベリサインのネットワークは、1日に1億3,350万件のドメイン名と数十億件のクエリをルーティングしています。ベリサインは、世界中の何十億という消費者や企業の商取引やコミュニケーションを支えています。

レジストラに関するFAQ

レジストラとは何ですか?

レジストラはドメイン名のレジストラントのためにドメイン名登録を行い、必要なDNS情報をレジストリに送信します。送信された情報は、レジストリの一元管理データベースに入力されます。

ベリサインが運営するTLDのレジストラになるためには、どのような財務要件がありますか?

ベリサインでは、レジストラが与信取引申請書を記入し、予想される毎月の登録量に基づく支払保証を設定することを要求します。レジストリ - レジストラ契約の条項に従って請求書に対して支払が行われている限り、支払保証は処分なしで留保されます。

ベリサインが運営するTLDのレジストラになるためには、どのような技術要件がありますか?

レジストラは、ベリサインの共有登録システム(SRS)に接続する前に、運用試験・評価(OT&E)環境内で、レジストラのシステムが完全かつ正しく運用されることを証明する必要があります。ベリサインは、レジストラを支援するために、ソフトウェア開発キット(SDK)と実装ガイドをご用意しています。弊社のグローバル サポート デスクは、150ヶ国語で24時間年中無休で対応いたします。

自分が.comおよび.net向けのICANN認定を受けている場合、他のTLDを追加できますか?

ICANNの新gTLDフレームワークの下で全gTLDの提供を希望するレジストラは、ICANNとの間で2013年版レジストラ認定契約(「RAA」)を締結する必要があります。.tvおよび.ccのレジストリは、ccTLDであり、レジストラのICANN認定を必要としません。レジストラはアカウント情報を入力し、財務要件を満たし、.tvまたは.ccレジストラになるための技術的な準備ができていることを証明していただく必要があります。.nameレジストリはgTLDsであるため、.nameレジストラになるためには、ベリサインの証明に加えて別途ICANN認定が必要になります。

共有レジストリ システムとは何ですか?

ベリサインが開発した共有登録システム(SRS)は、関連付けられたハードウェアとソフトウェアからなるシステムで、ベリサインが管理するトップレベルドメイン(TLD)内で複数のレジストラがインターネットドメイン名登録サービスを提供できるようにしています。SRSには、データベースサーバのサブシステム、登録サブシステム、請求書作成サブシステム、システムの開発およびテスト用サブシステム、TLDのゾーンファイル生成サブシステム、Whoisサブシステムが含まれています。

Name Storeプラットフォームとは何ですか?

Verisign® Name Storeプラットフォームは、複数のTLD、Name Suggestion Service、およびその他のサービスのプロビジョニングをサポートします。このプラットフォームは、実装のリードタイムを最小限に抑えます。新製品を追加するには、適切なサービス注文書またはレジストリ - レジストラ契約書を作成し、EPPマッピングを更新します。EPP SDKのガイドまたは更新をご覧ください

レジストラにならずにドメイン名登録を提供することはできますか?

お客様が登録サービスを提供するレジストラである必要はありません。たとえば、世界各地の中小規模のウェブホスティングやデザイン企業は、各地のマーケットで .com.netを再販するため、認定レジストラと提携しています。ソーシャル ネットワーキングとコミュニティのサイトは、顧客がオンラインで個々のIDを設定できるよう、.nameドメイン名を転売することもできます。Verisign® ドメインサービスリセラプログラムの詳細はこちらをご参照ください。

レジストラをサポートするために、ベリサインは他にどのようなサービスを提供していますか?

ベリサインは、豊富なツール、リソース、レジストリ製品をご用意し、貴社がドメイン名レジストラとして成功できるよう支援します。既存レジストラ向けの付加価値製品は、レジストラが業界の動向やニュースを常に把握し、管理するドメイン名に関する情報を駆使して顧客を絞り、更新の改善とより適切なドメイン名の提案を提供するための管理ツールを提供する上で役立ちます。