オンライン化の方法

最適な.comドメイン名を見つけるための8つの方法

今日の世界の在り方を変えてきたのは、時代の最先端を行く革新的な企業です。この変革により、請求書の支払い、楽曲のダウンロード、映画鑑賞、航空券の予約など、ほとんどすべてのことをオンラインで行えるようになりました。30年以上にわたりそうした革新的企業の活動を支えてきたのが.comです。

.comが世界で最も高い認知度、信頼性、汎用性を持つ理由はまさにここにあります。

それでは、.comが持つ信頼性や高い認知度を最大限活用するには、どうすればよいのでしょうか。

最適な.comドメイン名を見つけるために検討すべき8つの戦略を以下にまとめました。

修飾語句を使用する

ドメイン名の基本的なアイディアが固まったら、形容詞やビジネスを説明する言葉などの修飾語句を追加します。

地域の名称を組み込む

ビジネスの多くは特定の地域で営業を行っています。このため、その地域に関する情報をドメイン名に含めてサイトとその地域の関連性を深めると、検索で見つかりやすくなります。

キーワードを追加する

最近の調査によると、検索ワードを1つ以上含むキーワードが多めのドメイン名をクリックするインターネット検索ユーザーの数は約2倍になっています。

独創性を持つ

成功を収めている企業のほとんどは印象に残る名前を作り出しています。例えば、TumblrのようにTumblerから1文字を削除したもの、Facebookのようにface、bookという2つの単語を組み合わせたもの、Yahooのようにyahoo(ガリバー旅行記に登場する野獣)というよく知られた言葉をもじったものなどがあります。

自分のビジネスを顧客が探す際にどのようなキーワードで検索するかを考える

検索バーに入力すると思われる語句を考えます。例えば、「tips to get online」(オンライン化するためのヒント)という語句を検索する人が多いため、tipstogetonline.comというドメイン名が生まれました。

頭字語(略称)を使用する

AOL、IBM、BMW、NTTなどの企業は、ドメイン名にこれらの略称を使用しています。また、TYO、NYC、JPN、USAなど地域名、国などの略称も効果的です。

SNSのユーザー名を登録する

オンライン化への第一歩としてSNSを利用している場合は、.comドメイン名にSNSのユーザー名(ニックネーム)を含めるとよいでしょう。

ドメイン名提案ツールを使用する

ほとんどのレジストラでは、顧客が空いているドメイン名を特定できるように専用ツールを用意しています。ベリサインでもDomainScopeというツールを提供しています。関心のあるキーワードを入力すると、関連性のあるドメイン名の選択肢のリストが自動的に生成されます。

.comが世界で最も高い認知度、信頼性、汎用性を持つ理由をご自身でお確かめください。上記のヒントを参考にして、ビジネスに最適な.comドメイン名を見つけましょう。